閃いた!塾講師になろう!

結婚間近の社会の塾講師L

同僚の社会科の塾講師が近々結婚することになりました。
非正規の講師として働いている時から支えてくれた奥さんと結婚が決まったので、正直羨ましいなあと思っています。

その同僚は結婚が決まってからというものかなり精力的に働くようになりました。
授業が終わった後も自ら進んで残業していることが多く、やたらと自分の受け持つ授業に対してもプロ意識を持つようになりました。
社会科というのは教える範囲がかなり広いので、指導力が求められる教科なのですが、その同僚は生徒からの評判も上昇中です。
採用後はあまりガツガツと前に出てくるタイプではないのですが、最近では打って変わってみんなを引っ張って行ったり、朝礼の時にも改善点などをいうことが多くなりました。
結婚が決まるとこうも人間が変わるものなのだなあと感心しています。

塾講師は正社員として採用されてからすぐに結婚する人も多いですが、妻帯者になると毎日の仕事のモチベーションが上がるのか出世する人が多いように思います。
私は今現在は独身ですが、同僚みたいに活躍できる塾講師になりたいので、同僚には内緒で婚活をしています。
結婚が決まれば多分私も生徒から支持を集められる講師になるのだろうと思います。

研修での出来事

塾講師として採用された後、研修制度があったのですが、そこでは初めて学ぶことだらけでした。
まず学校で教えている勉強とは違い塾の場合には生徒の理解度を重視して教えることとなるため、一つ一つの授業にたいしてかなり込み入ったことまで教えていかなければならないということを実感させられました。
そのためには授業を行う前に塾講師自らも予習をしておかなければならないので、かなり責任のある仕事だというのを実感しました。

研修制度の中では同期が何人かいたのですが、その同期も同じように苦労したようで、想像していた世界とはちょっと異なっていたと、今でも談笑することがあります。
しかしそのギャップを乗り越えた後に待っているのは、生徒に教えたことが理解してもらえたことの達成感や、志望校に合格させられてよかったという充実感などがあるので、この辛い研修を乗り越えて良かったと思っています。

採用後の研修はその塾によって研修方針が違い、レベルの高い所では講師自らの学力を高める機会が設けられていることもあります。
私も最初は軽い気持ちで塾講師になりましたが、乗り越えなければ行けないところは必ず存在します。
しかしそれを乗り越えることで一人前の塾講師になれるのです。
参考サイト